新作ウエア KHK KHG1.5-52RJ32 歯研ハスバ歯車KHG1.5-52RJ32 歯車
新作ウエア KHK KHG1.5-52RJ32 歯研ハスバ歯車KHG1.5-52RJ32 歯車
e-kikai/1615021-3731-b7C
7,772円 12,954円
KHK 標準歯車選定, KHK 標準歯車選定, KHK 標準歯車選定

メーカー:小原歯車工業(株)
在庫状況:仕入先取寄せ品
納期:お支払い確認後、3〜4営業日で出荷予定(欠品時は早急にご連絡致します。)

商品特長:
●強度、耐摩耗性に優れており、よりコンパクトな設計が可能です。

用途:
●動力伝達用歯車。

仕様:
●モジュール:m1.5●歯数:52 ●形状:S1K●基準円直径(mm):78 ●歯幅(mm):12 ●穴径(mm):32●歯先円直径:81●全長(mm):24 ●ボス径(mm):60●ボス長さ:12 ●タップ:M8●キー溝:10 × 3.3●ねじ穴位置:6●歯車精度:JIS B 1702-1 N6 級相当 ●歯面硬度:50〜60HRC ●歯形:並歯 ●表面処理:研削部以外黒染(追加工部の再黒染はしていません。)●圧力角:20° ●歯面仕上げ:研削 ●歯切基準面:穴(H7) ●熱処理:調質、歯面高周波焼入れ ●ねじれ角:21°30′

材質/仕上:●SCM440

KHK 標準歯車選定
KHK 標準歯車選定
KHK 標準歯車選定

KHK 標準歯車選定
KHK 標準歯車選定
KHK 標準歯車選定
KHK 標準歯車選定
KHK 標準歯車選定
KHK 標準歯車選定
KHK 標準歯車選定
KHK 標準歯車選定
KHK 標準歯車選定
KHK 標準歯車選定
日本未上陸★【CHRISTIAN LOUBOUTIN】Vieirissima M256

梶山正「京都大原で暮らす」|第六話 命がけの結婚式

仙丈岳山頂で結婚に乾杯

ベニシアと僕が一緒に暮らし始めて10ヶ月ほど過ぎた日のことである。

「私たちこれからどうするの?そろそろ考えましょうよ」とベニシア。「それじゃあ結婚しましょう!どうせなら、まだ登ったことがない高い山の山頂で」。

僕たちは南アルプスにある標高3033mの仙丈岳(仙丈ヶ岳とも言う)の山頂で結婚式をすることにした。

日本に3千m峰は21座あり、仙丈岳は18番目に高い山だ。山は大きいが傾斜が緩やかなので、あまり山に登ったことがないベニシアでも登ることができるだろう。

小仙丈岳にて牧師役のT君と。左奥の山が目指す仙丈岳山頂

ベニシアと僕は、京都大原の金比羅山の岩場で知り合ったクライマーのT君を誘った。彼が牧師さん役である。

普通の若者である彼に牧師の経験があるわけではないが、山頂牧師の必須条件とは山に登れることであろう。、僕たち三人は伊那へ車を走らせた。

「指輪は買ったの?」と中央高速道の車中でベニシアが僕に尋ねた。「そんなの要るの?映画みたいやん」と僕。

「私たち結婚するんでしょう?指輪がなくて結婚できるわけないでしょう…」。どうやら僕の結婚に対する認識は、彼女とだいぶ違うようだ。

高速道路を降りた僕たち3人は、伊那の商店街で宝石屋を捜した。宝石屋はなかったが、小さな時計屋さんで結婚指輪を手に入れることが出来た。

登山口のキャンプ場がある北沢峠へ向かうバス停に着くと、翌々日からバスは冬期休業になることを知らされた。ぎりぎりセーフだ。とはいえ、新たな不安がつのってきた。

雪はまだ少ないと思っていたのだが、見える稜線は雪で白い。まったく冬山の様相だ。ピッケルとロープを持ってくるべきだった…。ベニシアはちゃんと登れるだろうか?事故が起きないか心配だ。

翌11日、僕たちは早朝から冬山装備に身を固めて登り始め、無事に仙丈岳山頂に立った。

仙丈岳山頂に辿り着いたベニシア。日本1位と2位の高峰、富士山と北岳が見える

深く蒼い空がどこまでも続き、360度開けた山頂からは日本最高峰の富士山、南アルプスや中央アルプスの冠雪した峰々を見渡すことができた。

T君は、レバノン出身の詩人ハリール・ジブランの「予言者」の一説を読みあげて、牧師さんを努めてくれた。

ベニシアはシャンペンを準備していたが、山頂での乾杯は赤ワインにした。「3千mの山頂は気圧が低いので、シャンペンが全部吹きこぼれてしまうかもしれない…」と前夜テントで話し合っていたのだ。

ワインで乾杯して、記念写真を撮り、3人だけの結婚式は終わった。

小仙丈岳にて。左後ろの山は甲斐駒ヶ岳

結婚式の間も、僕はベニシアが無事に下れるか気になっていた。登山は登りよりも下りの方が危険なのだ。

彼女は生まれて初めて登山靴に鉄の爪のようなアイゼンを着けて歩いている。もしも、このスケートリンクのように固くツルツルの斜面でつまずき転けたら、まず止まらないだろう。

「転けたら僕が体で受けとめるから大丈夫!」と僕はベニシアのすぐ真下を歩いた。安全地帯の樹林帯に入るまで僕たちの緊張は続いた。

「あの時、もしも私が滑ったら、あなたが止めようとがんばっても、2人とも落ちて行ったでしょう」。下山してホッとしたベニシアから漏れた言葉だ。命がけだったが、思い出深い結婚式になった。





筆者 梶山正プロフィール

かじやま・ただし

限定モデル★MASTER BUNNY EDITION★ゴルフ キャディバッグ

京都大原で暮らすの他の記事

【すぐ届く♪ギフト最適】ルイ・ヴィトン☆ブレス モノグラム2色
TESSAFEST.COM RSS